株式会社ウェルデント
提携ラボのご紹介

馬車道ヒロデンタルでは、歯科医療に必要なラボラトリー(歯科技工所)株式会社ウェルデントと提携しており、ジルコニアセラミックの作成を中心に、患者様や歯科医師からの細かな要望にも素早く対応できるよう、密接なコミュニケーションを図っております。

ジルコニア
刀
写真1

カタナジルコニア

ジルコニアとは、近年注目されてきている歯科材料であり、セラミックの一種です。強度としなやかさ、美しさを兼ね備えたセラミックであり『白いメタル』とも称され、オールセラミック治療の主流となっています。

写真2

従来のセラミックは硬度が高い為、柔軟性に欠け、強く力を入れてしまうと耐え切れずに割れてしまう場合がありました。しかし、ジルコニアは従来のセラミックの3倍程度、また金属を超える強度を持ち、象が踏んでも壊れないと言われています。その上、しなやかで曲げ強度に優れています。

写真3

カタナの特徴

当院ではジルコニアシステム『刀(カタナ)』を採用しております。ジルコニアの原材料から最終補綴物までを全て日本国内で製造、制作される唯一の純国産のジルコニアです。ちなみにジルコニアブロックは、世界的にも有名な陶器メーカーであるノリタケ社が製造しております。

写真4

一般的なジルコニアの着色は表面に行いますが、刀(カタナ)の場合はジルコニアパウダーそのものに色付けがされているので、形態調整などをされても色調に変化がありません。

IPS e-max プレス
写真5

IPS e-max プレス

IPS e-max プレスは、プレステクノロジーにより製作される、天然歯に限りなく近い、よりナチュラルなセラミック製の補綴物です。歯科技工士が手で築盛したセラミックでは得られない強度を実現し、同時に正確な適合性、審美性を兼ね備えています。

400Mpaの高い曲げ強度

e-max プレスは従来のガラスセラミック(一般的な陶材は約80Mpa)にはあり得なかった曲げ強度400Mpaを誇る均一性の高い補綴物の製作が可能です。

写真6

天然歯に近い摩耗性

e-maxプレスは高強度でありながら天然歯に近い摩耗性を持っている為、たとえ対合歯が天然歯であったとしてもe-max製の補綴物が先行して摩耗するので、天然歯に優しい素材となっています。

高い透過性

e-maxプレスは、高い透明度を持つ材料から、支台歯色をマスキングする材料まで、4段階の透明度により失活歯を持つ患者様に対しても光透過性の高い天然歯のようなシェード効果を持つオールセラミックスの修復物を製作することが可能です。

馬車道ヒロデンタル:横浜市中区海岸通5-25-2-16 │【お問合せ・ご予約】045-651-4618 │ みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩2分、JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」から徒歩9分

PAGE TOP